作業員

平板載荷試験の依頼の仕方|安全な家を建てられる

このエントリーをはてなブックマークに追加

暮らしを維持する

工事

建物を建てるなら必ず地盤を調べておかなくてはいけません。地震や洪水などの自然災害が起こった時に被害を最小限に抑えることができ、快適な暮らしを維持することが可能です。

Read

安心できる家

作業者

いくら立派な家を建てたとしても、土台である地盤が軟弱では、安心して暮らすことができません。昔は家を建築する前に地盤改良工事がなされないことがよくあったのですが、地盤調査をしないままで建築した家が不同沈下を起こすケースが数多く報告され、現在では事前の地盤調査なしに家を建築するようなことはほとんど行われなくなってきています。

Read

災害に備えて

ヘルメット

地震対策のためにも調査は必然

最近では、日本列島のどこかここかで自然災害の猛威がニュースに登場するようになってきました。そして、これらの地震や豪雨の被害による建物の崩壊や川の決壊によって家が流されたりするのをテレビで見かけるようになりました。特にここ最近では突然の豪雨いわゆるゲリラ豪雨と言われる局地的な降水量が心配の種になっています。地盤調査はそのような土砂の質を知るうえでも重要な作業とされています。それなりに費用はかかるもののニーズは増加していて、業者もたくさん競争しています。地盤調査はボーリングしてみて、サンプルを採取して、データを集めていきます。特に緩い地盤であれば、土砂が流れやすくなっているので、危険性も高くなるのです。

地盤調査はどこまでやるのか。

地盤調査は業者の鑑定能力やサンプル採取の技能・鑑識力によって差が生じる場合があります。こればかりはどれが正確なものなのかは素人では判断できません。実際に被害が発生した場合であっても、どこに損害賠償をしていくのか、補てんが受けられるのか、についてはなかなか困難な問題があるように感じられます。地盤調査そのものでは解決できないこともあります。それども、やはり地盤調査は必要でしょう。サイトで検索して、どこまでのことをいくらでしてくれるのかをよく検討すべきだと思います。大切な建築物も、その重さや施工によって、沈下の恐れがありますから、最低限そうならないような対策はオーナーとして、講じておきたいものです。

依頼の仕方

地盤調査や平板載荷試験の依頼はウェブサイトですることが可能です。専用のフォームから相談項目を入力し、調査の目的や詳細をできるだけ丁寧に書きます。そして、会社名や担当者名、メールアドレスなどを不備がないように書くといいでしょう。他にも、会社の郵便番号や住所、電話番号を入力すれば完了です。返事は後日、平板載荷試験を実施している業者から連絡があるのでいつでも対応できるようにしておくといいでしょう。問い合わせは無料でできる業者もあるので安心です。

手順がある

工事現場

地盤改良をするにはまず、地盤調査をしなくてはなりません。それによって家を建設するのに適しているかを確認することが可能になるので、安心して工事を進めることができるようになるでしょう。

Read