作業スタッフ

平板載荷試験の依頼の仕方|安全な家を建てられる

このエントリーをはてなブックマークに追加

安心できる家

作業者

地盤改良工事を実施する人が増えています

日本国内にある宅地の3分の1が軟弱地盤だという説があります。軟弱地盤というのは、読んで字のごとく軟弱な土地のことを指しています。軟弱地盤の場合は、家をしっかりと支え続けることができません。その結果、不同沈下や液状化が起こってしまう可能性が出てきます。でも、家を建てる前に地盤改良工事を実施しておけば、高い安全性が保証された家を作ることが可能になります。ここ数年は自然災害が多発していることもあり、地盤改良工事を実施する人が増えてきています。

工事を依頼する方法について

家を建ててくれるハウスメーカーに地盤改良工事を頼むこともできますが、ハウスメーカー自身が工事を実施するわけではありません。地盤の改良工事はその道のプロである地盤改良業者に下請けに出されることになりますので、余計な中間マージンが発生してしまうだけです。ですから、土地を購入してこれから家を建てようと考えている人は、ハウスメーカーに頼むのではなく、直接複数の地盤改良業者から見積もりを取ってみるようにすることをおすすめします。これは地盤改良工事だけでなく住宅関連の工事全般に言えることですが、誠実な対応をしてくれる業者を選ぶようにすることがとても重要になってきます。家を建てた後になってから地盤改良工事の瑕疵が発見されたとしても、簡単に直すことはできません。ですので、複数の業者から見積もりを取って、業者の対応の仕方などをよく比較してみる必要があります。